健康診断の検査値でわかる事と検査項目ごとの基準値一覧

健康診断の画像

健康診断の検査値でわかる事と検査項目ごとの基準値一覧


健康診断の検査項目一覧

・体重
年齢とともにどのように変化しているか。
筋肉トレーニングなどをしていないのに体重が増えているのは、内臓脂肪の蓄積が疑われます。
BMIが標準である18.5以上25未満になっているかを確認しましょう。
BMIは「体重kg÷(身長m)2」で算出できます。

・腹囲
女性90cm以上、男性85cm以上は内臓脂肪の蓄積の可能性が疑われます。

・血圧
血圧の高い低いでさまざまな病気になる可能性を知ることができます。
正常値は、収縮期血圧が130mmHg未満、拡張期血圧が85mmHg未満。

・空腹時血糖(FBG)
血液中のブドウ糖のことです。
インスリンの不足、作用不足だと高値を示し、糖尿病などの疑いが出てきます。

・ヘモグロビンA1c
検査前約1~2ヶ月間の血糖コントロール状況を反映。
空腹時血糖とヘモグロビンA1cで糖尿病の診断につかわれます。

・総コレステロール(TC)
血液中のコレステロールの総量です。
細胞やホルモンの原料として不可欠ですが、高値は動脈硬化症、心筋梗塞をおこす危険性が高くなります。


・LDLコレステロール
悪玉コレステロールと呼ばれ、高値になると動脈硬化、心臓病、脳卒中などを招きやすくなります。

・HDLコレステロール
善玉コレステロールと呼ばれ、低値になると動脈硬化のリスクが高まります。

・中性脂肪(TG)
脂質代謝異常、糖尿病、肥満、動脈硬化症などで高値を示します。
高値が続くと血小板の凝固を促して、血栓を作りやすくします。
中性脂肪はエネルギー源であり、余ると脂肪組織に貯蔵されます。

・AST(GOT)
アミノ酸を合成する酵素です。
高値は心筋や筋肉などの臓器の異常や障害が疑われます。

・ALT(GPT)
肝臓の細胞に含まれるアミノ酸を合成する酵素です。
高値は、肝臓の異常が疑われます。

・γ-GTP(γ-GT)
アルコールによる肝障害、肥満や脂肪肝で高値を示します。

・尿酸(UA)
痛風の診断に使われ、腎臓、膵臓の障害で高値を示します。
大量飲酒、肉類の過食、水分不足、激しい運動、ストレスなどでも高値になります。

・血清クレアチン(Cr)
腎臓の機能が低下すると高値を示します。

・ヘモグロビン(Hb)
貧血などの判定に利用されます。

・尿たんぱく
腎臓の機能に異常が生じるとプラス反応になります。

・尿糖
血糖値が一定の限度を超えると、尿中に糖が漏れ出します。
この検査だけで糖尿病と判断することはありませんので、他の血糖検査と合わせて医師の診断を受けましょう。


検査項目の基準値

・BMI:~18.4(やせ) 18.5~25未満(標準) 25.9~(肥満)

・腹囲:男85cm未満 女90cm未満

・血圧:収縮期130未満 拡張期85未満(mmHg)

・空腹時血糖(FBG):70~109(mg/dL)

・ヘモグロビンA1c:4.3~5.8%

・総コレステロール(TC):150~219(mg/dL)

・LDLコレステロール:70~139(mg/dL)

・HDLコレステロール:男40~86 女40~96(mg/dL)

・中性脂肪(TG):50~149(mg/dL)

・AST(GOT):10~40(U/L)

・ALT(GPT):5~40(U/L)

・γ-GTP(γ-GT):男70 女30以下(U/L)

・尿酸(UA):男3.7~7.0 女2.5~7.0(mg/dL)

・血清クレアチニン(Cr):男0.61~1.04 女0.47~0.79(mg/dL)

・ヘモグロビン(Hb):男13.5~17.6 女11.3~15.2(g/dL)


Leave a Reply