仏像の歴史と仏像の日本への伝来を解説

仏像の画像

仏像の歴史と仏像の日本への伝来を解説


仏像の歴史

はじめての仏像は、紀元一世紀の後半に、現在のパキスタン領のガンダーラで造られました。
それから数十年後の二世紀には、インド中部のマトゥラーでも仏像が造られました。

早くからギリシャ人などが多く住みついていたガンダーラでは、ギリシャの神像彫刻の制作が盛んでした。
その影響を受けたガンダーラの仏像は、彫りの深い西欧的な顔立ちのものです。
これに対して、マトゥラーではガンダーラとはまったく違います。
東洋的な顔立ちの仏像が造られました。

かつては、ガンダーラで仏像が造られたことにマトゥラーの人々が触発され、その影響を受けて仏像を造るようになったと考えられていました。
しかし、前者が後者に影響を与えたという痕跡は見られません。
近年の研究では、これらの両地域では同時発生的に仏像が出現したと考えられています。
つまり、釈迦に会いたいという人々の一心が、偶像否定の観念を乗り越えて仏像を造り出したのです。

ちなみに、最初に造られた仏像は出家後の釈迦をモデルにしたものでした。
仏像とは文字通り仏の像を示し、狭い意味では釈迦如来像だけが仏像であるということができます。
しかし、時代が下ると菩薩や明王、天などさまざまな尊像が造られるようになり、広義にはこれらすべての尊像を総称して仏像と呼んでいます。


紀元前五世紀にインドで成立した仏教は、アジアの広い地域に広まりました。
まず、紀元前三世紀にはセイロン島に伝えられ、さらにはカンボジアやミャンマー、タイなど東南アジアの各地に広まりました。
そして、これらの地域に伝わったのは小乗仏教です。
紀元一世紀に出現した仏像は、しだいにこれらの地域にも伝えられていきました。

小乗仏教は初期の仏教を踏襲しているため、仏像に関しても、そのルーツの釈迦如来像だけが造られました。
つまり、これらの地域では、ガンダーラやマトゥラーで最初に造られた仏像の姿に踏襲されたのです。
現在でも、小乗仏教諸国で見られる仏像のほとんどは釈迦如来像です。

仏教は紀元一世紀ごろには、シルクロードを経由して中国に、さらに四世紀後半には朝鮮半島に、そして六世紀前半には日本に伝えられました。
中国をはじめとするこれらの東アジア地域に伝播したのは、大乗仏教です。

大乗仏教では釈迦如来のほかに多くの仏像が誕生したため、打以上仏教が伝えられた国々では、如来だけでなく菩薩、明王、天などさまざまな仏像が造られるようになりました。

さらにチベットにも大乗仏教が伝えられ、観音菩薩や明王を中心とする独自の仏像が造られました。


仏像の日本への伝来

日本に仏教が伝えられたのは、西暦38年のことです。
欽明天皇の治世に、百済の聖明王が仏典や仏具などとともに一体の釈迦如来金銅仏をもたらしたといい、これが日本に最初に伝えられた仏像です。

仏教の受け入れを巡っては、物部氏は外来の宗教を信仰すれば、日本古来の神々の間で激しい対立がありました。
物部氏は外来の宗教を信仰すれば、日本古来の神々が怒り、さまざまな災いがあると主張しました。
これに対して蘇我氏ははるばる海を渡って来た仏像を丁重にまつるべきであると主張しました。
結局、欽明天皇もこの問題について明確な答えを出せないまま、伝えられた仏像は仏教受け入れ派の蘇我氏にかしされたのです。

最初に伝えられた釈迦如来金銅仏は、当時、朝鮮半島などでよく造られていた20cm弱の小さなものだったと思われます。
これを天皇から賜った蘇我氏が、私邸にまつったといいます。
しかし、まもなく、疫病が大流行すると、物部氏はこれを800万の神の祟りだとして、蘇我氏を激しく糾弾しました。

そして、ついに物部氏は仏像をまつった堂を焼き討ちし、仏像を川に流してしまったと伝えられています。

つづく敏達天皇13年には、百済から弥勒菩薩の石像がもたらされたことが記録にあります。
これも蘇我氏にかしされたというが、またしても物部氏との対立の犠牲になったといいます。

そして、それ以降も朝鮮半島からたびたび仏像が伝えられたといいますが、残念ながら初期に伝来した仏像は現存しません。
しかし、それら幻の仏像が日本に仏教が根を下ろす機縁を作ったことは間違いないでしょう。


Leave a Reply