手紙の書き方、構成と横書きの例文を紹介

手紙のイラスト

手紙の書き方、構成と横書きの例文を紹介


手紙の書き方、構成>

手紙文には「前文」「主文」「末文」「後付け」「副文」という基本的な構成があります。
手紙文はこの流れに沿って書くようにします。

・前文
前文とは、手紙の導入部に書くあいさつ文のことで、頭語・時候のあいさつ・相手の安否を問うあいさつ・自分の安否を述べるあいさつなどと続きます。

手紙の書き出しの言葉である頭語は「拝啓」を用いるのが一般的です。

頭語の後は改行するか、一字あけてから時候のあいさつを続けます。
時候のあいさつは、月によって慣用的な言い回しがありますが、自分の言葉で書いてもかまいません。

さらに、相手の安否を尋ね、その後で自分のことを書きます。
この後、ご無沙汰を詫びるあいさつが続くこともあります。
この部分は、親しい相手なら省略してもかまいません。
また、急用のはがき、死亡通知、お悔やみの手紙などでは、前文全体を省くことが多いようです。


・主文
主文は手紙の本題です。
前文から主文に入るときには「さて」「ところで」「早速ですが」といった起辞から書き始めると文章の流れがよくなります。

主文は手紙の中でもっとも重要な部分になるので、何を相手に伝えたいかを明確にし、わかりやすく書くことも心がけます。

・末文
末文は終わりのあいさつの部分です。
「まずは」「とりあえず」などの起辞で始めて、「まずはご報告まで」「とりあえずお礼申し上げます」など、用件を一言でまとめるようにします。

この後に、相手の無事や発展を祈る言葉を述べ、次に会う機会を期待したり、自分の悪文を詫びたりします。

最後に結語を加えます。
「拝啓」の場合は「敬具」、「前略」の場合は「草々」など頭語と結語は対応しているので注意してください。

死亡通知や災害見舞いなどで頭語を省略した場合は、結語もつけません。
また頭語を改行しない場合、結語も改行しないのがふつうです。

・後付け
日付と署名、あて名を書く部分です。
あて名の敬称は「様」が一般的ですが、会社や団体あての場合は「御中」となります。

脇付はよりいっそうの敬意とへりくだった気持ちを表すためのものです。
最近はあまり使われていませんが、あて名の左下に「机下」「みもとに」などとつけ、相手に対して敬意を表します。


副文
主文で書きもらしたことを追加する場合や、念を押したいことを短い文章で書きます。

「追伸」「二伸」「なお」「再啓」などの起辞で書き始め、一字程あけて、本文よりもやや小さめの文字で文章を続けます。
ただし、目上の人あてや慶弔の手紙には、副文をつけないのが礼儀です。

手紙の横書きの例文

拝啓(頭語)

 寒冷の候(時候のあいさつ)、お変わりなくお過ごしのことと拝察いたします。(先方の安否を問うあいさつ)
おかげさまで当方も無事に暮らしております。(当方の安否を述べるあいさつ)
忙しさに紛れて、平素ご無沙汰ばかりで恐縮に存じます。(感謝やお詫びのあいさつ)

 さて、本日、当地名産の果物をお送りしました。
ほんのお歳暮のしるしですので、ご笑納くださいますようお願い申し上げます。(主文)

 年の暮れに向かい、何かと慌しくなってまいりますが、くれぐれもご自愛くださいますよう、お祈り申し上げます。(末文)

(後付け)
 平成○年○○月○○日
               ○○(署名)
○○(宛名)

追伸 5月にそちらにお伺いいたします。その節はまたご連絡させていただきます。(副文)


Categories: 興味深い話

Leave a Reply