無線LANのメリットとデメリットを解説

無線LANに関連する画像

無線LANのメリットとデメリットを解説


無線LANは文字通りワイヤレス通信が行える便利な機器です。
パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットもネットワークに参加してインターネット接続を行うことができます。

無線LAN環境は、有線LANに比べケーブルを接続せずに通信を行える、つまりパソコンなどを自由な場所で利用できるというメリットがあり、配線がしにくいオフィス環境で効力を発揮します。

しかし、便利な無線LANにもデメリットがあります。
それを下記にて解説します。


通信が不安定になる

無線LAN機器は急速に普及していますが、実はこの普及こそが無線LANの通信の不安定を生みます。

というのも無線LANはその特性上、周辺で無線LAN親機が導入されていればいるほど、通信がバッティングするため不安定になりパフォーマンスが落ちます。

またこのような特性により、仮に現在の無線LANパフォーマンスには問題なくても、周囲での無線LAN導入が進むことにより将来的にパフォーマンスが落ちる可能性があります。

一般家庭における利用であれば、無線LAN通信でインターネットが一時的に切れてしまっても大きな問題にならないですが、ビジネスで利用するサーバであれば、顧客のサービスに影響があるため問題となってしまう場合もあります。

つまり、オフィス内で無線LANを導入するのであれば、「通信が途切れないこと」「業務に支障がない通信パフォーマンスが確保されていること」が条件となり、これにはいくつかの知識、場合によっては、無線LAN親機の置き換えなどが必要になります。

また、顧客が直接アクセスするサーバでは有線LANにしておくのが無難でしょう。


セキュリティリスク

無線LANを利用している場合、有線LANと比較してセキュリティの脅威と悪意に侵される可能性がさらに増えます。

この無線LANの存在によるセキュリティ脅威と悪意とは下記のようなものです。

・インターネットを勝手に利用される可能性
無線LANに必要なセキュリティ設定を行わない場合、あるいはセキュリティ設定が十分でない場合には、無線LAN親機の電波の届く範囲で、インターネット接続が可能になってしまいます。

「インターネットに接続されてもそこまでデメリットがない」と思う人もいるかもしれませんが、この考え方は危険です。
たとえば、オフィスの回線を勝手に利用している通りがかりの人が、掲示板に「犯罪予告」を書きこんだ場合、IPアドレスから割り出されるのは当然ながら自社であり、オフィス内の人間が疑われることになります。

このような脅威に対応するには、最適な暗号化モードを選択した上で暗号化キーを設定します。


・サーバにアクセスされる可能性
無線LANが利用されてしまうということは、サーバにアクセスされて重要なデータファイルが参照されてしまう、あるいはデータファイルがコピーされて抜き出されてしまうというリスクがあるのです。
もちろん、サーバの共有フォルダのアクセスする際、パスワード認証などでロックしておけばすぐにサーバの重要なファイルにアクセスされることはないでしょうが、そのようなことをしていなければやはり危険です。
また、パスワードを知っている社員やアルバイトが退職した後にアクセスするというような可能性もあるのです。
有線LANであれば、パスワードを知っていても、物理的にLANケーブルを接続しなければいけないのでまず安心です。
しかし無線LANではこのようなリスクがあるのです。

このような脅威に対処する方法はいくつかありますが、無線LAN親機に特定の機器しかアクセスできないように管理することができる「MACアドレスフィルタリング」を利用するのが最も効果的です。
「MACアドレス」とはパソコンなどの機器一台一台に割り当てられる唯一のアドレスですので、MACアドレスでフィルタリングしておけば、指定した機器以外ではアクセスできなくなるのです。


Categories: 興味深い話

Leave a Reply