旅行関係の仕事の種類と仕事内容、なり方を解説

旅行に関する画像

旅行関係の仕事の種類と仕事内容、なり方を解説


旅行関係の仕事、通訳ガイド

仕事内容は、日本に来た外国人観光客に観光案内をしたり、日本文化などを紹介することを業務としています。

通訳ガイドになるには、国土交通省が実施する通訳案内士試験に合格し、都道府県知事の免許を受ける必要があります。

外国語会話力のほかに、日本の歴史、地理、文化はもちろん、産業、経済、政治などを一通り紹介できるということが重要です。


旅行関係の仕事、観光バスガイド

仕事内容は、観光バスに乗車し、観光案内を行い、快適なバス旅行のための演出者の役割をします。
観光バスガイドの仕事は、コースに応じた観光案内が主となります。
歴史や地理などのガイド情報を常に確認しておく必要があります。
また、車内では歌をうたったり、ゲームをするなど、乗客の旅行気分を盛り上げる工夫をすることも大事です。

観光バスガイドになるには、免許や資格は必要ありません。
高校卒業程度の国語、歴史、地理などの知識は必要です。
会社に採用されて基礎教育を受けた後、常務の仕事につきます。
早朝から夜間まで働く場合もあり、とくに観光シーズンは生活が不規則になるため、健康であることが求められます。

旅行関係の仕事、ツアーコンダクター

仕事内容は、旅行会社が主催する国内・海外ツアーに同行し、プランどおりにツアーを進める添乗員です。
旅行日程のスケジュール管理、観光ガイド、団体客の世話、そのほかにトラブル対応など、業務は多岐にわたります。

ツアーコンダクターになるには、旅程管理主任者の資格が必要です。
国内、海外旅行ともに添乗できる総合旅程管理主任者と国内旅行のみに添乗できる国内旅程管理主任者の2種類があります。

資格取得をするには、「添乗員派遣会社に登録」「基礎添乗業務研修を受講」「修了者に修了証書を交付」「添乗実務を経験」「旅程管理業務を行う主任者証交付」という手順を踏みます。


旅行関係の仕事、旅行者カウンター係

仕事内容は、旅行会社やその代理店で旅行プランの相談、販売、発券の業務に従事します。

旅行会社で働く人の資格として、国内旅行業務取扱管理者と総合旅行業務取扱管理者の資格があります。
国内旅行業務取扱管理者は、国内旅行業務のみを取り扱う営業所の、旅行業務取扱主任者になることができる国家資格です。
総合旅行業務取扱管理者は、海外または国内の旅行業務で登録されている旅行会社で、旅行業務全般を取り扱うことができる国家資格です。
旅行を取り扱う営業所には旅行業務取扱管理者を置くことが義務づけられています。

国内旅行業務取扱管理者の試験は全国旅行業協会が、総合旅行業務取扱管理者は日本旅行業協会が試験を行っています。

旅行関係の仕事、ホテルスタッフ

仕事内容は、ホテル利用客に快適なサービスを提供します。
職種は多岐にわたり、
「ドアマン」は、玄関で利用客の送迎をします。
「ベルパーソン」は、玄関から利用客を引き継ぎ、フロントや客室まで案内します。
「フロント」は、受付にいて、チェックイン・チェックアウト、予約、案内、会計の仕事を行います。
「ハウスキーピング」は、客室の清掃やベッドメーキング、部屋の点検を行います。
「コンシェルジェ」は、利用客のリクエストに応える相談係です。
「クローク」は、利用客の手荷物やコートを一時的に預かります。
「ブライダルコーディネーター」は、ホテルの結婚式をプロデュースします。

などがあります。
資格は、サーティファイ認定試験事務局が実施するホテル実務技能認定試験があります。


Leave a Reply