windows10のユーザーログイン、パソコン立ち上げ時のパスワードを忘れた時のための対処方法一覧

windows10のユーザーログイン、パソコン立ち上げ時のパスワードを忘れた時のための対処方法一覧






ウィンドウズ10のパスワードを忘れた時のために対処法を覚えておきましょう。
パスワードの入力が面倒なら、自動サインインや「PIN」「ピクチャパスワードを使う方法もあります。

PINは4ケタ以上の暗証番号でサインインする機能で、数字の入力だけになるため圧倒的に簡単にサインインできるようになります。

ピクチャパスワードは、あらかじめ決めた手順で画像をなぞってサインインする機能で、タッチ操作向けにはなっていますが、マウスでも利用できます。

パスワードを忘れた時に備える

パスワードを忘れてしまうと最悪パソコンが使えなくなってしまいます。
そんな時のために「パスワードリセットディスク」を作成しておく方法があります。

「コントロールパネル」の「ユーザーアカウント」から「ユーザーアカウント」を開き「パスワードリセットディスクの作成」を開きます。
次にパスワードリセット設定を保存するUSBメモリーを挿し、画面の支持に従って作業をします。


パスワードを忘れてしまった場合の対策

パスワードを忘れてしまうとそのパソコンは使えなくなってしまうので、別のパソコンやスマホで、「https://account.live.com/password/reset」のパスワードリセットペ^ジを開きます」。
「パスワードを忘れた」を選び、「次へ」ボタンをクリックして作業を進めます。

次にマイクロソフトアカウントの名前を入力した本人確認を行います。
「・・・にSMSを送信」を選び、マイクロソフトアカウントに登録した携帯の下4ケタを入力し、「コードの送信」を選ぶと、携帯にSMSでコードが届きます。

届いたコードを入力して「次へ」をクリックして本人確認を行います。

するとパスワード再設定画面に移動するので、新しいパスワードを2回入力して再設定を行ってください。

新しく設定したパスワードでWindows10にサインインできるようになります。



windows10でパスワード入力なしでサインインする方法

スタートボタンを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
開いた画面に「netplwiz」と入力してOKを押します。

するとユーザーアカウントが開くので、「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外してOKボタンを押します。

すると「自動サインイン」の画面が開くので、現在のアカウントのパスワードを2回入力してOKボタンを押します。
これで自動サインインができるようになります。

このせっえいは、パスワードの入力を求めないだけでパスワード自体をなしにするわけではありません。

セキュリティ的に問題がない範囲でパスワード入力を簡略化したいなら、「PIN」や「ピクチャパスワード」にするのもいいでしょう。
PINは4桁以上の暗証番号でサインインする機能で数字だけでサインインできるようになるため楽です。
ピクチャパスワードは、あらかじめ決めた手順で画像をなぞってサインインする機能で、タッチ操作向けです。

パスワードをPINに変更したい場合は、「設定」画面の「アカウント」で「サインインオプション」を選択し、「PIN」欄の「追加」を押して現在のパスワードを入力します。

その後、PINのセットアップウィンドウが表示されるので、自分で考えた4ケタ以上の暗証番号を登録してください。

最後にピクチャパスワードの設定方法です。
「設定」画面の下のほうにある「ピクチャパスワード」欄の「追加」を押し、現在のパスワードを入力します。
次に「画像を選ぶ」を押し、デジカメ写真などを選択します。

画像が表示されたらドラッグして画像の位置を調整し、「この画像を使う」を押します。
するとジェスチャの登録画面になるので、クリック、円ドラッグ、直線ドラッグのジェスチャを組み合わせ、順番や長さ、方向を決めて3つ登録して完了です。


Categories: 興味深い話

Leave a Reply