アスペルガー症候群と無口の関係性、内向的な性格の問題点とは

アスペルガー症候群と無口の関係性、内向的な性格の問題点とは



アスペルガー症候群は遺伝の関係から男性の方が圧倒的に多くなっていますが、その割合は1クラスに一人くらいです。

そして、クラスに一人くらいいる無口な男子、その子がアスペルガー症候群の可能性は高いです。

このような無口なアスペルガー症候群は「内向型アスペルガー症候群」と言われる事もあるそうです。

脳的には左脳優位型になっているようで、数字や計算など左脳を必要とする勉強は得意でも漢字や絵などイメージで覚えるものは苦手な傾向にあります。

また、表情や身振り手振りで表現するのが苦手で無表情と言われる事が多く、アスペルガー症候群によく見られる、言葉の意味をそのままの意味でとらえてしまい「冗談がわからない人」と思われがちです。

それでは無口な人は全員アスペルガー症候群なのかというと、その可能性は高いですが、アスペルガー症候群じたいがはっきりとした診断基準を持っていないため、絶対そうとも言い切れないところがあります。


ただ、子供の時にアスペルガー症候群の特徴である下記のような性質が見られればアスペルガー症候群の可能性は高いと思われます。

・無口で内向的
・感情が言葉にならない
・人より物が好き
・常に一人の世界にいるように振る舞う
・周りの子どもと一緒に遊ぼうとせず一人遊びが好き

ただ、アスペルガー症候群は自閉症の一種とされていますが、自閉症の子供のように、大人になってもまったく成長せず、大人っぽさが見られない人は少なく、無口などの特徴は年齢とともに軽減していくとされています。

ただ、無口な人は、大人でも子供でも対人関係を持つ機会が少なく、そもそもコミュニケーション能力が育ちにくいというのも無口を助長する要因になっていると思います。

普通は学校でも会社でも無口というのは治らないその人特有の性格だと思われるので、営業職など特別に喋る必要のある職業につかない限りは誰も「無口を治した方がいい」など言ってくれないし、コミュニケーション能力向上に協力してくれる事などないので、無口な人はどんどん他の人と比べ、コミュニケーション能力が劣っていく結果となります。


アスペルガー症候群は無口とは限らない

いわゆる落ち着きのない子供や喋りすぎてしまうというアスペルガー症候群もいます。
ただ、落ち着きや喋りすぎという症状は年齢が行くと落ち着いてくる事が多いため、子供の頃には問題視されがちですが、大人では無口なタイプより社会になじみやすいと考えられます。

逆に無口なアスペルガー症候群は、子供の頃は手が掛からなくて問題視されない事が多いですが、大人になると本人がすごく困るために自覚して引きこもりになったり悩んでいる人が多くいます。

無口なアスペルガー症候群は大人になってから自覚する

前述したように、無口というのは子供の頃は問題視される事がありません。
アスペルガー症候群は知能指数が低くない事が定義の一つ(知能指数が低い場合は自閉症)ですので、勉強が極端にできない人は少ないです。

勉強はちゃんとできて大人しいというのは学校ではともすれば優等生タイプですので、本人も周りも気にせずアスペルガー症候群を自覚する事はまずありません。

ですが、大人になると主張が求められます。
言われた事だけをやっていればいいのは学生のうちだけだからです。

そのため、社会人になってからうまくいかない事が増え、自分に自信をなくし、自分は他の人と何か違う、と調べたりして自覚する場合があります。

ただ、自覚して楽になった、という人もいますが、基本的にアスペルガー症候群は治療できるものではないため自覚したからどうこうというものではありません。


Leave a Reply

検索