視能訓練士とは、養成学校(専門学校)で学ぶ事と実習、勉強内容について

視能訓練士とは、養成学校(専門学校)で学ぶ事と実習、勉強内容について


視能訓練士とは、簡単にいうと眼科の検査員の事ですが、眼科の検査員は全員が視能訓練士なわけではなく、多くは資格を持たないアルバイトなどの検査員です。

視能訓練士とそうでない眼科の検査員との違いは専門知識や難しい検査技術、子供の斜視や弱視の訓練など、特殊な仕事をする、という事です。

これらの視能訓練士がやる仕事は資格がないとできないわけではないですが、視能訓練士を雇う眼科の先生はそういった特殊能力を期待して他の検査員より少し高めの給料で雇ってくれるため、それにこたえるためにも視能訓練士の養成学校では下記のような事を学びます。

医療系教科書での授業

一番多い時間が普通の学校と同じように先生の授業と教科書で勉強する時間です。
これは視能訓練士の国家試験に受かるための勉強で、学校でのテストも定期的に行われます。
ただし、先生は教員免許を持っている先生ではなく、現役の視能訓練士や眼科の先生が多いです。
そのため、教え方がうまいとは限らず、授業以外の時間にも自分でしっかり勉強しておかないと国家試験に浮かれない、またはテストの点が悪いと落第もあるので注意しましょう。


学校内での実習

3年生の場合でも1年生のうちから学校で眼科で行う仕事の実習をします。
視能訓練士の専門科のある学校であれば眼科で行う基本的な仕事の器具はそろっているはずなので、下記のような基本的な検査はほとんど学校内で実習を行います。

・視力検査
眼科に行かなくても小さい頃学校で経験した事がある人がほとんどのはずなので、そこまでとまどうことはないと思います。
ただ、学校で行う実習は基本的に度数を入れれば視力がいい人ばかりですので、実際の眼科ではとまどう人も多いと思います。
特に大変なのが、3歳児健診の子供、受け答えが難しい老人、度を入れても視力が上がらない弱視の人、などです。
また、視力検査は必ず屈折検査(機械で近視、遠視がどの程度かを調べる)を一緒に行います。
これも理解力のない子供や老人以外は簡単なので、難しいパターンは実際の眼科での研修で経験するしかないでしょう。


・視野検査
緑内障などの患者に視野がどれくらい狭くなっているかを調べ、障害部位と病気の進行度を調べるための検査です。
ボタンを押すだけの簡易検査ハンフリー視野計と視能訓練士が機械をすべて動かすゴールドマン視野計があります。
これも視野検査と同じく、若い人で異常が出る人はほとんどいませんから、実際の患者で行うのとは違いますが、ゴールドマン視野計は正常者でも結構大変ですから、学校での実習のうちに何度も経験しておくべきです。
ハンフリー視野計はボタンを押すだけですので簡単ですが、視線を動かさないようにしてもらう、など患者側の協力が不可欠ですから、説明力を鍛えておく必要があります。

・斜視検査
これも、生徒の中に斜視がいる確率は低いうえ、斜視検査を行う実際の眼科では相手はほとんどが子供になるため、実際とはずいぶん違った実習になると思います。
ただ、プリズムや遮蔽板などは、正常者の大人であっても慣れるまでかなり難しいため、かなりやり込んでおかないと眼科の現場ではまずできないのでしっかり実習しておきましょう。

・弱視、斜視の矯正訓練
遮蔽や大型弱視鏡を使っての弱視、斜視の矯正訓練です。
ある意味、視能訓練士として一番大事な仕事です。
弱視、斜視の矯正訓練は機械の使い方もありますが、それよりも斜視、弱視についてどれだけ理解しているか、そして相手はほぼ子供になるため、対象の子供と親に対してどれだけ正確に訓練の事を伝えられるかが大事になります。


眼科での実習

最終学年で行う事になると思いますが、卒業後にとまどいのないように、いくつかの眼科で実際の患者さんを相手に実習を行う事になります。
実習する眼科は学校が卒業生の働いている所を探してくれると思いますが、かなり緊張すると思いますし、学校の実習とは勝手が違うので、戸惑う事も多いと思います。

場合によっては、その眼科で気に入られて、卒業後の就職先に・・・なんて事もないわけではありませんので、いきなりうまくやろうとせず、よく質問をして愛想よくして先生や先輩の視能訓練士に気に入られる事を意識したほうがいいと思います。

解剖実習

これはすべての学校であるかわかりませんが、自分の時はありました。
といっても実際に解剖を行うのは外科医志望、または外科医の人ですので、視能訓練士を志望する学生がメスを入れる事はないと思います。
というか視能訓練士が解剖実習をやる意味がわかりませんが、まず医療系以外の学校では経験する事がないと思いますので、勉強よりも一つの経験として覚えておくくらいでいいでしょう。

視能訓練士の国家試験

国家試験を受ける頃には勉強も終え、就職が決まっている人も多くいると思います。

また、眼科で仕事をしながら合格発表を待つ事になる人は気が気ではないと思いますが、まぁ普通は国家試験に落ちたからといってクビになる事はないと思います。

ただ、居心地が悪くなる可能性もあるので、必死に勉強して試験に臨みましょう。


Categories: 興味深い話

Leave a Reply

検索