相手を怒らせない正しい謝り方とは

相手を怒らせない正しい謝り方とは


相手から適切に反省の気持ちが伝えられた場合、相手には次のような変化が起きます。

・怒りや憎しみの軽減
・悲しみ、驚きといったショックの緩和
・改善してもらえるという期待

しかし、謝り方しだいでは相手は不十分と感じ、「誠意がない」と思われてしまう事もあります。

そうなると上記のような謝るメリットは得られません。

謝罪で大事なのはまずどのように謝罪するかです。


謝罪の仕方によっては、言葉を尽くして謝罪をしても相手に伝わりません。
大事なのは、

・問題に自分が関わっていたことは認める謝罪。
・責任は自分にあることも認める謝罪。
・被害回復を目指すことも伝える謝罪。

です。
謝り方が下手な人がしてしまうがちなのが、謝りながらも、自分に責任がない事を伝えてしまう、というものです。

相手にとっては自分の立場とか状況は関係ありません。
誠意が見たいのです。

責任が自分にあるかないかに関わらず、言い訳ばかりしている相手を見ると、「こいつは謝る気がない」と思われても仕方ありません。
「でも」や「だって」といういい訳ワードは飲み込みましょう。

それと、「ごめんなさい、あなたがそんなふうに思っていたなんて」というお気持ちに気づきませんでした、という謝り方は、謝っているようで謝っていないととられますので避けましょう。。

一番ケンカになりやすい、不愉快になりやすいのは「正論」です。
正しいことを言っているのだからいい、と思う人もいるかもしれませんが、人は正しい事よりも自分にとって都合のいい事を聞きたいので、それが正論かどうかなんて関係ありません。

ケンカになってもいい、論破してだまらせたい、という相手ならいいかもしれませんが、ビジネスの相手には絶対だめです。


あとは、意外と謝る時にやってしまいがちなのが「嘘をつく」です。
あまり怒られないためについてしまう嘘ですが、もし嘘がバレた時のことを考えてみましょう。
嘘をつかなかった場合に比べ、何倍も怒られるでしょう。
それに、嘘をつく人間は信用してもらえません。
とりかえしのつかない事にならないため嘘はつかないようにしましょう。

そして「真剣な顔で謝る」というのも大事です。
人によって真顔の表情は違いますから、一度鏡で自分の真剣な顔を確認しておきましょう。
緊張すると笑顔になってしまう人もいるので注意が必要です。

あとは謝るタイミングです。
基本は「早く謝る」という事です。
最悪なのは「指摘されて誤る」です。
これではいくら謝っても謝る気がなかったと思われても仕方ありません。
そうならないために早く謝りましょう。

ただし、相手があまりに忙しい時や他の人と話している時などは「後にしてくれ」とよけい怒らせてしまうため、難しいところです。

そして、一通り謝った後、相手の怒りが静まってきたら、次は「代替案」を掲示します。
ようは失敗してしまった、なら「どうするか」です。

この代替案を掲示すには、相手がなぜ怒っているかを理解していないといけません。

どうしてもわからない場合は「状況を良くするために、私に出来ることはあるでしょうか?」や「ミスをした自分が提案するのは厚かましいかもしれませんが」と断って、善後策を提示するような姿勢で話せば悪い気はしないでしょう。

あとは言葉のチョイスです。
謝る時の一般的な言葉である「すみません」はビジネスシーンではあまりよくありません。
特に相手が目上の人や顧客の場合、「大変申し訳ございませんでした:や「ご無礼いたしました」など、丁寧な言葉を選びましょう。


Leave a Reply

検索