ランサーズやクラウドワークスの在宅ワークだけで食べていけるか、手数料を払う価値はあるか

ランサーズやクラウドワークスの在宅ワークだけで食べていけるか、手数料を払う価値はあるか


ランサーズ、クラウドワークスとは

クラウドソーシングと言われるお仕事仲介サイトです。
仕事を発注する人も受注する人もプロフィール、スキルなどの情報を記入し、システムで管理した上で安心した仕事を行えるようにする目的です。
手数料がそこそことられるため、仕事をする側からすると少しもったいない気がする事もあるかと思いますが、会社勤めであっても実際の仕事では元受、会社などいろいろとられて仕事をした本人に入ってくるお金は少なかったりするのでそれを考えたらむしろ手数料は少ないくらいだとも言えます。

ただ、個人の情報をしっかり入力している人であっても、会社ほどの信用度はないので、依頼のある仕事は金額の安いものがほとんどです。


そのため、フリーランスがランサーズやクラウドワークスだけで食べていこうと思ったら相当の仕事をこなさないといけないでしょう。

または仕事をこなす事で信頼が得られるので、追加発注をお願いして仕事の量を増やしてもらったり、金額をアップしてもらう、という風にしていかないといけません。

ランサーズやクラウドワークスの仲介を通さず仕事を発注してもらって手数料の分を浮かせる、という手もあるにはありますが、そのような交渉はクラウドソーシングサイトでは禁止されていますので、メッセージなどでやりとりしてバレると次から利用できなくなる可能性もあります。

何より在宅ワークがしたい人はお互い顔をまったく合わせず仕事の依頼、納品をするわけですから、やはりサイトを通してやりとりした方が安心です。

長期にわたってお互い信頼を得ていると感じたら一度に発注する仕事を増やして手数料を削減するというのが現実的でしょう。


クラウドワークスやランサーズにはどういった在宅ワークがあるか

・単純作業系
アンケートやデータ入力など誰でも出来る単純作業が多くあります。
でもそういう仕事は応募も多く、依頼額を下げても応募が来るので単価は安いです。
さらにその応募者の中から搾りこんで選ばれるので安くても数をこなす意識でやるのがいいでしょう。

・記事作成系
アフィリエイトサイトに乗せる用のブログ記事作成はかなり需要のある仕事のようです。
一人が持っている専門知識というのはどうしても限りがあるので、いろんな人にいろんな記事を書いてもらう事でブログの幅が広がるからでしょう。
ただ、記事を書くという仕事ゆえ、単価は安く、いちいち取材しながら質の高い記事を書いていたらお金にならないとも思えます。
自分の持っている知識で書ける記事を買ってくれるなら大量に書く気で仕事をすると結構稼げると思います。
ライターを目指している人などは実力アップにもなるのでいい仕事だと思います。


・イラスト、漫画系
そこそこ技術がいる分野とはいえ、無料でも描きたいという人が山ほどいるイラスト系の仕事は単価も安くなっています。
とはいえ、クラウドワースクやランサーズで依頼される仕事は単価が安い分、求められるイラストのレベルもそこまで高くないものが多かったりするので、描くのが早い人は結構稼げると思います。
あと、イラスト系はコンペ(応募作品の中から1つ選んでその人にのみお金を支払う)も多くあるので、競って絵を描きたい、イラスト技術を向上させたい、という人にもいいと思います。

・ボイス系
Youtubeが流行っている今、かなり需要がある分野だと思います。
声優を目指している人にはうってつけの仕事ではないでしょうか。
環境さえ整っていればそこまで時間もかからないと思われるので、大量に仕事をこなして実績と実力も同時に得られるでしょう。


Leave a Reply

検索