伊勢神宮おかげ参りとは、意味と歴史を解説

伊勢神宮の画像

伊勢神宮おかげ参りとは、意味と歴史を解説


日常的な伊勢神宮への信仰と参詣の盛行、これを背景、あるいは引き金として突発的な集団参宮が、江戸時代にはたびたび起こっています。
中世にも、地方豪族などの参宮に随伴するかたちで、民衆の集団的参宮が見られたというが、近世の庶民的な「おかげ参り」とは、同質には論じられないでしょう。
近世の突発的集団参宮を、一般的におかげ参りと呼んでいますが、その歴史は下記のとおりです。

・1650年:江戸の商人たちが中心。参詣者は白装束
・1705年:京都の子ども達が発端。362万人という
・1723年:京都の花街の遊女など。派手な衣装・装束
・1771年:京都周辺から始まる。お札降りで拡大
・1830年:四国の阿波から始まる。450万人以上という


このほかにも1661年や享保三年など地方的な群参のあったことが記録に見えていますが、上記に上げたものが代表的な集団参宮として知られています。
慶安三年の事例では、江戸を中心としながらも「天下の人民ことごとく群参」とも書かれ、白衣をまとった参詣者が、箱根の関所を一日に5、600人、あるいは8、900人、多い時には2000人も通貨したと記されています。
白装束という格好は、社寺の巡礼という風習を受け継いだ集団参宮の性格が強かったともいえます。
これに対して享保8年の場合は、京都祇園町の遊女以下、男女や人足たちまで派手な衣装に三色染めの吹き流し、笛や太鼓ではやしながらの参詣が目立ったといわれます。
伊勢参宮に娯楽的・享楽的要素を持ち込んだ事例として注目されるところでしょう。

宝永2年と昭和8年から文政13年までは59年とほぼ60年周期のように発生したことから、60年ごとに大きなおかげ参りが起こるとされてきました。
とくに文政のおかげ参りは、翌年が60年目だという意識のなかで1年早く起きてしまったともいわれています。
60年というのは、江戸時代の暦が十干と十二支の組み合わせで60年を周期としていたことから、この時代の人々には親しまれやすい見方・考え方でした。

おかげ参りと呼ばれるようになるのは、昭和からで、享保8年まで当時の記録では、抜け参りと記されています。


抜け参りの「ぬけ」とおかげ参りの「おかげ」とは何かというと、江戸時代の人々もさまざまな解釈や見解を示しています。
「ぬけ」については、伊勢神宮がかつては皇室の祖先神であり、私幣の禁といって庶人の参詣は許されていなかったが、神国の風俗で神徳を慕って、ひそかに忍び詣でたことから、抜け参りというようになった、という説があります。
また、外宮へのついでにひそかに抜けて、参宮を禁じられていた内宮へもお詣りしたことによるとも言ったそうです。
またお上の参宮許可を得ないで参宮するから「抜け」だとか、親や仕事先の主人に
許可を得ず黙って参宮したので、抜け参りと呼んだとか、あるいは日常生活を抜け出して非日常的な参宮の旅に出たので、抜け参りと称したなど、諸説がありました。

「おかげ」についても諸説あります。
伊勢神宮の大きなご神徳のおかげで、貧しい人たちでも参宮ができたからという説です。
あるいは、おかげ参りは、着の身着のまま無断で旅へ出かけますが、沿道の人々の施行・接待のおかげで伊勢までも往復ができます。
そういったまわりのひとたちのおかげで参宮するから、おかげ参りというのだとする解釈もありました。

宝永2年当時の記録では、閏4月のころから、抜け参りが始まったようです。
京都の8、9歳から14、15歳の子ども達が親に断りもなく数人連れで伊勢参宮に出かけ始め、まもなく大人たちにも抜け参宮が流行したといいます。


Categories: 興味深い話

Leave a Reply