ビットコインとは、簡単な説明とメリット、デメリットを解説

コインの画像

ビットコインとは、簡単な説明とメリット、デメリットを解説


ビットコインとは、簡単な説明

ビットコインとは、インターネット上で使える仮想通貨のことです。

ビットコインは、誰でも簡単に利用することができます。
まず、「ウォレット」と呼ばれる財布を、パソコンまたはスマートフォンに作ります。
ウェブにある両替所で円やドルを支払い、ビットコインを入手します。
ビットコインを受け入れる店舗で買い物をして、対価をビットコインで支払う、という感じです。
2014年5月初めの時価総額は54.7億ドルです。
現在は利用者も店舗もアメリカに多くなっています。

日本で報道されたビットコインに関するニュースは、違法サイトでの取引など、ネガティブなものが多くありました。
また、マウントゴックスの破綻が、ネガティブな印象を強めたと言えます。

しかし、ビットコインは、送金コストがきわめて低いため、これまで不可能だった経済活動が可能となるメリットがあります。
他方で、決済制度や通貨制度、ひいては国家の存立基盤にまで重大な影響が及びうるものです。

価格変動が激しいのは事実ですし、バブル的要素が含まれているのも、たぶんあるでしょう。


ビットコインの仕組み

これまでの通貨は中央銀行や国が発行・管理してきましたし、電子マネーは特定の企業が発行・管理します。
しかし、ビットコインは、発行者も管理者も存在しません。

ではどうやって維持しているかというと、その中心は「ブロックチェーン」と呼ばれる取引記録です。
そのデータは公開されていて、多数のコンピュータで形成するネットワークが、全体として維持しています。

ブロックチェーンには、ビットコインの過去の取引がすべて記載されています。
ブロックチェーンは公開されているので、コインを受け取った人は、その取引記録がブロックチェーンに記載されているかどうかをチェックできます。
記載されていれば、自分が正当な保有者と認められたことになります。
そして、それを他の人に送金できるのです。


ビットコインのメリット、デメリット

「ニューヨークタイムズ」電子版で、マーク・アンドリーセンがビットコインの未来について語っています。
ビットコインについてアンドリーセンがとくに注目しているのは、安全性と送金コストの安さです。
それによって、これまでできなかったことが可能になる、さまざまな企業活動やサービスを、ビットコイン上に築くことができるというのです。

現在の送金コストは、先進国でも送金額の2~3%ですが、これがゼロに近くなることのメリットはきわめて大きいといえます。
利益率が2~3%より低い事業も経済的に成立しうるからです。

その1つは、マイクロペイメント、つまりきわめて小額の支払いです。
これが実現すれば、従来はできなかったことが可能になると考えられます。

最も明白な例は、コンテンツの有料化です。
100円未満の課金が可能になれば、コンテンツを切り売りできるようになるでしょう。
そうなれば、広告以外の収入源を得られるようになり、バナー広告は一掃できます。
そして、コンテンツの質も向上すると考えられます。

インターネットが普及して以来、コンテンツ販売産業は深刻な問題を抱えていました。
コンテンツは、究極的にはゼロの価格でしか提供できないと思われたのです。
しかし、マイクロペイメントが可能になれば、事態は大きく変わるでしょう。

また、途上国における送金コストは、先進国よりさらに高いのです。
それどころか、銀行システムが存在しないため、そもそも送金が不可能な場合も多くあります。
ビットコインで送金できるようになれば、途上国の経済は大きく変わるでしょう。


Categories: 興味深い話

Leave a Reply