キーが高い曲を歌っているハイトーンな男性歌手と曲名、最高音を解説

ハイトーンな男性歌手の画像

キーが高い曲を歌っているハイトーンな男性歌手と曲名、最高音を解説


X JAPAN

ボーカルのToshlは声量こそすごいイメージはないですが、かなりキーの高い曲を歌うことで有名です。
といっても曲を作っているのはYOSHIKIで、Toshlは曲のキーが高すぎるために喉に注射を打ってまで歌っていたとか・・・。

それらの曲の最高音はですが、

・ALIVE

・X

の2曲が最高音「hiE」となってます。
最高音も高いですが、全体的にもキーが高いうえ、X JAPANは高い曲ばかりなのでライブで歌うのはかなりきついでしょう。

Toshlの歌い方はミックスボイスメインで細い声で歌うので、練習すれば出せないことはないと思いますが、「X」なんかは後半に結構声をはりあげたりするので、あまり無理をすると喉を壊しそうです。


GLAY

GLAYのボーカルのTERUはパワフルな歌声でハイトーンなイメージはあまりないと思いますが、「However」や「Winter again」など全盛期の有名曲の最高音は実は「hiD」とかなり高くなっています。
これらは歌ってみるとわかりますが、Aメロ、Bメロはかなりキーが低く、サビもあまりキーが高くありません。
しかし、ラストの転調でキーが跳ね上がるので十分にキーの高い曲といえるでしょう。



ただ、Teruが生歌で安定してhiD以上出せていたかはちょっと疑問ですが。
あとは「Way of Difference」など全体的にキーの高い曲もありますが、そういった曲は地声っぽいパワフルな歌い方というより裏声っぽい歌い方なので、そっちのほうが案外歌うのは楽だったりします。

L’Arc-en-Ciel

L’Arc-en-Cielのボーカルのhydeは声質からかハイトーンなイメージがありますが、最高音は高くても「hiC」くらいです。
おそらく一番キーの高い曲であろう「瞳の住人」は最高音が「hihiA」ですが、完全に裏声なので歌えない高さではないはず。

全体的にキーの高い曲としては「NEO UNIVERSE」

が有名ですが、これも地声(ミックスボイス)では「hiB」なので、ある程度の高さからは裏声で歌うのが主流なようです。


DA PUMP

DA PUMPの有名な曲はどれも最高音が高いです。
ボーカルのISSAが踊りながら歌っていることを考えればほんとにすごいものです。
しかし、実はDA PUMPの曲は売れなくなってから出した有名でない曲のほうがキーが高いのです。
紅白に出場しなくなってから出した曲の中には最高音「hiC」以上のキーの高い曲がたくさんあります。

しかもISSAは裏声を使わないパワフルな歌い方なので、踊らなくても歌うのはかなりきついです。

・New Position(最高音hiC)

・Can’t get your love(最高音hiC#)

・Thunder Party(最高音fakeのhiD#)

ほかにも踊りながらキーの高い曲を歌っているようですが、なぜかあまり踊らないバラード系は最高音がhiAとかの低めのキーだったりするようです。

m.c.A・T

DA PUMPのプロデューサーとして有名ですが、最高音hiD#の「thunder party」は実は元々m.c.A・Tの曲、おそらくISSAがハイトーンボーカルになったのもこのm.c.A・Tの影響だと思われます。
しかし、DA PUMPにカバーしていない曲でもキーの高い曲はかなり多いです。

・風に叫ぶ(Bメロの最高音hiE?)

・Bomb a head(最高音hiD)

m.c.A・Tの曲の多くはAメロBメロのどちらかにラップが入るため低音部がほぼなく、m.c.A・Tは天然ミックスボイスの超ハイトーンかと思われます。


スピッツ

スピッツのボーカル草野 マサムネは声質からかかなり曲が高く聞こえる気がします。
しかし、調べてみると以外とキーは高くないようです。

「ロビンソン」や「涙がキラリ☆」などの有名曲は裏声では「hiC」以上の高さですが、地声の最高音ではhiBで、男性ボーカルとしては十分に高いですが、そこまでハイトーンというわけではないようです。

米良美一

もののけ姫で有名な米良美一です。

「もののけ姫」の最高音は「hiD#」と高いですが、歌い方がほぼ裏声のような感じなので、歌うだけならそこまで難しい曲ではないでしょう。
もちろん米良美一のような声で歌うのはかなり難しいと思われますが。

クリスタルキング

最後は80年代に活躍したハイトーンの代表クリスタルキングです。
といってもクリスタルキングのヒット曲は「大都会」「蜃気楼」「愛をとりもどせ / ユリア・・・永遠に」の3曲だけといってもいいでしょう。

この3曲だけでも高音担当のボーカル田中昌之は十分にハイトーンであるといえると思いますが、この3曲の最高音はどれも「hiC」なので、X JAPANよりはキーが低いようです。
ただ、低音部と高音部が分けられていて、コーラスこそしているものの、基本田中昌之はサビから歌いだすため、思い切り歌えるというのがクリスタルキングの強みでしょう。
そのためhiCという高音とは思えないほどパワフルな歌声で歌っているためハイトーンが際立つのだと思います。
ただ同じキーで歌うだけなら出せる人も多いでしょうが、実際田中昌之と同じように歌おうとするとかなりきついのがわかるでしょう。


Categories: 興味深い話

Leave a Reply