低体温とは何度からか、症状のチェックと低体温症の応急処置

寒い場所の画像

低体温とは何度からか、症状のチェックと低体温症の応急処置


低体温とは何度からか

低体温は中心部体温が35度以下になった状態で、30~35度を軽中等度低体温、30度未満を高度低体温といいます。

脳や内臓あるいは大動脈内血液の温度を中核温といいますが、脳や内臓の温度を直接測定するのは困難なので、一般に病院では食道や直腸、あるいは膀胱内の温度を測定します。

人の体温は、通常一定に保たれていますが、環境因子などなんらかの原因で、偶発的に体温が35度以下に低下した状態を偶発性低体温といいます。

人は恒温動物で、どのような環境化でも体温を一定に保つ機能をもっています。
例えば運動などによって筋肉が収縮すると熱を産生しますが、産生された熱が平常の体温を維持する熱量を上回った場合は、体温の上昇を抑えるために、余分な熱量を外部に逃がす必要があります。
このとき周囲の気温が低い場合は、主に皮膚からの放熱によって熱を逃がし、気温が高くなるに従って、主に発汗によって熱を放散します。

一方、寒冷環境下にさらされて体温が下降しそうになると、1つは体の中の熱を外に逃がさないような働きであり、もう1つは体の中で熱を産生する働きです。

こういった熱の産生と放熱とのバランスが崩れた場合、体温が上昇して熱中症になったり、体温が下がって偶発低体温を発症したりします。


低体温を引き起こす要因

寒冷環境において身体の熱を逃がさないための手段は、皮膚からの放熱をなるべく防ぐことです。
私たちが外からできることは、衣服によって保温することです。

身体の内部では生理的な反応が起こり、カテコラミンというホルモンが分泌されます。
このカテコラミンは血管を収縮させる働きがあり、皮膚の血管を収縮させて血流を減少させます。
その結果、皮膚からの熱の放散を減少させることができます。

熱の産生は、主に骨格筋が収縮することによって行われます。
もちろん、通常の運動のために骨格筋が収縮しても熱産生は起こりますが、熱を産生することが目的で起こる骨格筋の細かな収縮を、振戦といいます。
寒いときにぶるぶる身体が震えてしまうことがよくありますが、これが振戦です。
体温が35度以下になると、このように放熱を防ぎ、熱産生を促して体温を保とうとする反応が起こりますが、それよりも体温を低下させる因子が強ければ、体温はさらに低下してしまいます。

体温をさらに低下させる因子としては、気温が極端に低いことはいうまでもありませんが、衣服や体表面が濡れていること、風が強いこと、飲酒や睡眠剤・鎮痛剤の服用、小児・高齢者、飢餓状態、意識障害を合併するような病気や頭の外傷まどが挙げられます。

体温が33度以下になると意識障害が現れ、体温を上昇させる反応は鈍くなります。
30度以下になると呼びかけに反応しなくなってしまい、そのままでは体温低下は進行します。


低体温になった時の症状のチェック

体温が35度以下になると現れる振戦は、骨格筋が収縮して熱を産生している状態なので、酸素を通常の3~6倍多く使うことになります。
身体がこれに反応して、酸素を多く取り入れるために呼吸が激しくなります。

33度以下になると意識がもうろうとしてきて、30度以下になると呼びかけに反応しなくなり、振戦は消失して、呼吸も弱くなります。
また、30度以下になると心室細動という致死的不整脈が発生しやすくなり、とても危険な状態になります。

身体の震えが消失して、呼びかけに反応がなくなってきたら、体温が30度以下になっていることを示唆している所見なので、生命に危険が及んでいる兆候だと思ってください。


低体温症の応急処置

重篤な偶発性低体温症は、多くの場合登山など厳しい環境で発症します。
したがって、最も大切なことは二次災害の防止です。
応急手当てはもちろん大切ですが、それに取りかかる前に安全確保することを優先してください。

低体温に陥った人は、できるだけ暖かい環境に移動して風をさえぎることにより、さらに体温が低下することを防止するように努めます。
また衣服が濡れている場合は脱がして、濡れた体表面の水分を拭い取り、乾いた衣服を着せます。
できれば、着替え用の衣服は温めておきますが、現場では難しいことが多いと思います。

現場では積極的に温めることはしません。
これは救急隊の活動も含め、病院までの搬送中も同じです。
特に、骨格筋の振戦が消失して呼吸が弱くなっているときは、30度以下の高度低体温が疑われます。
30度以下の低体温では心室細動が発生しやすく、特に体温が上昇する際に危険性が増します。

また、低体温での心室細動は難治性で、AEDを使用した電気ショックによっても除細動は困難とされています。
したがって、30度以下の高度低体温が疑われるような状況では、体温低下の要因を取り除き、毛布などによる保温に努めるようにし、積極的な加温はしません。
毛布は上から掛けるだけではなく、下に敷いて背部の保温も同時に行います。
掛け物より、敷物のほうが保温効果は高いとされています。

もし、意識がはっきりしていて、骨格筋の振戦が激しいときは、体温は33度以上と考えられますから、電気毛布や湯たんぽなどで積極的に加温することもよいでしょう。
また、温かい飲み物をとらせ、身体の中から温めるのもよい方法です。
湯たんぽなどで局所を温めるときは、手足の感覚が鈍くなっていますから、低温やけどに注意してください。

また、凍傷を伴っている場合、凍傷部位は温めないようにして、全身の保温と体幹の加温をします。


Leave a Reply