ゴールデンゴール方式とは、サッカーの延長戦ルールを解説

サッカーボールの画像

ゴールデンゴール方式とは、サッカーの延長戦ルールを解説


ゴールデンゴール方式とは

延長戦でどちらかのチームが得点したら、即試合が終わる方式です。

ゴールデンゴールはFIFAが98年フランス、02年日韓大会の2つのワールドカップに導入したのをはじめ、欧州選手権、五輪などでも採用されましたが「試合の残り時間があるにもかかわらず反撃の機会を奪われる」などの理由で問題視する声が挙がりました。
結果として、04年、FIFAは延長全後半を必ず行う従来のルールに戻しました。

サッカーの延長戦ルールはゴールデンゴール以外にも下記のようなものがあります。

・シルバーゴール
延長戦の前半、もしくは後半終了時に勝ち越しているチームを勝ちとする方式。

・延長戦
先にどちらかのチームが点を取っても、膳後半とも最後まで行われる方式。


・シュートアウト
ドリブルでゴールに向かい、ゴールキーパーと1対1で制限時間内にシュートを放つ方式。

・PK
両チーム5人の選手を選び、交代しながらゴールキーパーと1対1でシュートを放つ方式。

欧州サッカー連盟では、延長前半で得点が決まっても前半終了までは試合を続けるシルバーゴール方式を採用していましてた。
ゴールが決まっても反撃の機会を得られるため、ゴールデンゴールの不公平感を減少させる方式として採用されましたが、この方式も2004年に廃止されました。
その他、PK戦に代わる方法として、アメリカのメジャー・リーグ・サッカーで採用されていたシュートアウトがあります。

アディショナルタイムとは

実時間の中でプレー以外に使われたと認められた分が加算される時間。

サッカーの試合時間は主審によって管理されています。
「競技者の交代」「競技者の負傷の程度の判断」「負傷した競技者の治療のためのフィールドからの退出」「時間の浪費」など主審がプレー以外に使用されたと認めた時間は実試合時間から除外されます。
実際に流れている時間は主審が試合開始の笛を吹いてから一度も止まることなく流れていますから、前後半終了時にそれぞれの理由で空費された時間がアディショナルタイムとして加算されるのです。

アディションは加えるという意味の英語です。

ちなみにロスタイム、といわれることもありますが、ロスタイムは「ロス・オブ・タイム」から作られた和製英語です。


アーリークロスとは

相手陣内の左右からゴール前に送るロングパスをクロスボールと呼びます。
通常のクロスボールが相手陣内の深い位置から上げられるのに対して、比較的浅い位置からゴール前へ送るクロスをアーリークロスと呼びます。

英語の「早い」からくるアーリーが示す通り、攻撃の早い段階でクロスを上げる利点は、相手の守備陣形が整う前にゴール前に奇襲をかけられることです。

DFは自陣に戻りながらの守備を強いられ、ゴールキーパーとの連係も難しくなります。
ディフェンスとゴールキーパーの間のスペースは双方の守備範囲に迷いが生じやすい危険なゾーンです。
守備側から見れば、ここをめがけて蹴り込まれるアーリークロスは、ゴール前に混乱をきたす、とてもやっかいなパスです。
キッカーが利き脚側のサイドからクロスを入れた場合は、ゴールキーパーから逃げていく軌道を描きやすいので、効果的にディフェンスとゴールキーパーの間を突くことができます。
アーリークロスの名手としてはデビッド・ベッカムの名前が一番に挙がります。
鋭い狐を描くピンポイントクロスでゴールを演出する選手をクロッサーと呼ぶこともあります。
日本ではクロスボールよりも「中央で合わせる」という意味のセンタリングという言葉が使われてきましたが、現在では世界標準のクロスが多く用いられています。


Leave a Reply