葬儀の喪主は誰が務めるか、喪主と施主の違いや挨拶のマナーを解説

葬儀に関連する画像

葬儀の喪主は誰が務めるか、喪主と施主の違いや挨拶のマナーを解説


葬儀の喪主は誰が務めるか

葬儀や法要では遺族代表として喪主があいさつもしますが、喪主は誰が勤めるのが一般的でしょうか。

故人が生前に指定していた場合をのぞき、喪主になるのは故人といちばん縁の深い人で、結婚していればほぼ配偶者が務めます。
以前は夫が亡くなった場合、妻が健在でも長男を喪主にすることが多かったようですが、最近ではほとんどのケースで妻が喪主を務めるようになっています。

また、親より先に子供が亡くなった場合、以前は喪主を務めるのを逆縁といって嫌いましたが、最近とくに都市部では、親が喪主を務めるのが普通になっています。

配偶者が他界していれば子供です。
最近では長男に限らず、長く世話をしてきた娘がなることもあります。
子供がいないときは親、兄弟姉妹、親戚など、より近い血縁者が喪主になります。

故人に身寄りがない場合、ひとり住まいで親戚が遠方にいる場合などは、友人、知人が喪主の代理を務めることもあります。
その場合、喪主とはいわず、友人代表、世話役代表と名乗るのが一般的です。


また、喪主が高齢で動揺と緊張に耐えられそうにない場合や、体調を崩して参加できそうにない場合などは、親族や友人が代理であいさつをすることがあります。

そんな場合、あいさつのはじめに代理人であることを名乗り、その理由を述べておきましょう。
弔問客を心配させないため詳しい説明は省き、軽くふれる程度にします。
理由としては、「体調を崩しているため」「突然のことで動揺が激しいため」「入院中のため」「なにぶん高齢のため」「なにぶん年少のため」などがあげられます。

このような場合は代理人のこころ配りとして、あいさつの最後に、遺族への今後の厚誼や支援のお願いを入れておきましょう。

なお以前は喪主が女性の場合、身近な男性が代わってあいさつに立つことがありましたが、最近は徐々に少なくなっています。

会社や団体が主催する社葬や団体葬では、喪主とは別に、会社や団体の長が総責任者として葬儀委員長となり、あいさつを行います。
この場合、社葬を行う理由などを述べてもいいでしょう。

葬儀の喪主と施主の違いとは

葬儀・告別式では喪主が施主を兼ねることがほとんどなので、混合されがちですが、喪主と施主とは役割が違います。
喪主は遺族の代表ですが、施主は葬儀費用を負担する立場です。
配偶者が高齢や若年で金銭的な余裕がなかった場合、子供が未成年だった場合などに、親戚が施主になって金銭的な面倒を見ることもあります。


喪主の挨拶のマナー

喪主の挨拶は時間や何を話すべきかなどの決まりはありません。
時間は短くてもかまわないので、きてくださった方々に対する感謝の気持ちを表しましょう。

悲しみをこらえて話す以上、感情がこみ上げて言葉につまるのは、遺族ならあたりまえのことです。
そんな場合はあせらずに少し間を置き、落ち着いてから話すようにしましょう。
もし落ち着いて話せる自信がなければ、「今日はありがとうございました」と、気持ちをこめてお辞儀をするだけでも失礼にはなりません。

不祝儀のあいさつには、基本的に4つの要素があります。

・自分と故人との関係
・会葬のお礼
・生前故人がお世話になったことへの感謝の思い
・これからの遺族への支援のお願い

会葬のお礼の後に、故人の簡単な履歴や、どのような病気でいつ亡くなったかなどを含めることもあります。

葬儀・告別式の場合は、会葬と見送りに対する感謝の気持ち、これまでの厚誼への感謝が主になります。
故人の最期の様子や遺族の心情を話す際は、感情的になりすぎないよう気をつけましょう。

遺族代表、友人代表、世話役代表の立場なら、遺族に対する今後の支援のお願いをつけ加えます。

精進落としでは、滞りなく葬儀、告別式が終わったことを感謝し、関係者の労をねぎらうことが主旨なので、手短なあいさつが鉄則です。

法要では、集まってくれた方々へのお礼のほか、今の故人への思いや状況の変化、故人についての懐かしい思い出をゆっくりと語ります。


Categories: 興味深い話

Leave a Reply