犬が耳を触ると嫌がる、よく首を振る時の原因、病気とは

犬の画像

犬が耳を触ると嫌がる、よく首を振る時の原因、病気とは


犬の中には、もともと耳を触られることが嫌いな子もいますが、いつも以上に嫌がる場合は耳の中に何か異常がある可能性が高いです。
耳の中がかゆい、痛い、違和感がある時などにこのような症状が認められます。
また、何か異常がある耳の方に首を傾けることもあります。

下記に耳を触ると嫌がる、よく首を振る犬の考えられる原因、病気を記載します。

外耳炎:耳の中の鼓膜までの間に何かしらの原因で炎症を起こしています。

中耳炎:外耳炎が進行すると炎症や感染が中耳まで及び、中耳炎を起こします。
通常、細菌性外耳炎が波及して起こることが多いので、アメリカン・コッカー・スパニエルなどのたれ耳の犬がなりやすいです。
この場合、かゆみよりも痛みがの方が強く出ることが多いです。
中耳内の顔面神経にまで波及すると、顔面神経麻痺が起こり、顔の表情がおかしくなることもあります。

耳血腫:何らかの原因で耳にかゆみが出て、耳を掻いたり首を振ることで耳に分泌物や血液が溜まり、耳が腫れる病気です。
熱を持ち、痛みやかゆみを伴うためにさらに首をよく振るようになり、症状が悪化することがあります。

外傷:耳の先端などに傷があり、感染などを起こしている場合があります。

異物、できもの:耳の中に何かできものや異物があるとそれを気にして首を振ることがあります。

ストレス:病気ではなく、ストレスサインとして首を振ることもあります。


治療、予防方法

耳が汚れ手居る場合は、見える範囲をコットンなどの柔らかい素材のもので拭きましょう。
また、耳の洗浄には犬用の洗浄液を使用してください。

耳をよく掻く場合、悪化する可能性があるので、耳を掻かせないようにエリザベスカラーを着用しましょう。

耳を触られるのを嫌がる場合は、痛みを伴っていることがあります。
無理に何かをしようとすると耳を触られるのがとても嫌いになってしまいます。
今後、病院や家での耳のケアがやりにくくなりますし、本人にとってもストレスになるので、あまりにも嫌がる場合は何もせず、病院へ連れて行きましょう。
お薬などで痛みを軽減させてから家でのケアをした方が良い場合もあります。

耳が腫れている場合は無理に触らず、すぐ病院へ行きましょう。

外傷が原因で出血している場合はコットンなど柔らかい素材のもので圧迫止血してください。
止血ができてもその後に化膿してしまう場合があり、内服薬や外用薬が必要なこともあります。
応急処置後は病院へ連れて行くことをおすすめします。


耳の中に何か入っているのがわかれば、取り除きましょう。
ただ、うまくやらないと耳の奥に入ってしまい重症化することもあるので注意が必要です。
また、できものの場合は早急に病院へ行きましょう。

見る限り異常がない場合、ストレスサインの可能性もあります。
今の環境を見直すことで改善する可能性もあります。

耳がかゆい時は手や足で耳をかく、首を振るなどの症状が認められます。
また、耳の中を見ると耳垢が溜まっていたり、耳が赤くなってかさかさしていたりすることがあり、さらには掻いてしまって掻き傷ができてしまうこともあります。
そのような場合、まずは掻かせないようにエリザベスカラーをつけてください。
また、ペット用の耳洗浄液があれば、耳の中に注入し洗浄を行ってください。
また、黒く、乾燥した耳垢が大量に見られる場合、ダニの感染の可能性があり、なるべく早く病院へ行ってください。
治療には耳の洗浄、点耳薬や内服薬などが必要です。


Categories: 興味深い話

Leave a Reply