着物の種類と用途について、格の解説や画像

着物の画像

着物の種類と用途について、格の解説や画像


留袖(とめそで)

留袖の画像

留袖は祝儀のためのフォーマル着物です。
黒地の黒留袖には、背中心、両胸、両外袖の5ヶ所に日向紋を染め抜き、裾に華やかな模様が描かれています。
色地の色と留袖もあり、5つ紋のついたものは黒留袖と同格です。

・黒留袖
現在、黒留袖は結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親、仲人夫人、親族の既婚女性が着用します。

・色留袖
五つ紋付きの色留袖は黒留袖と同格で、未婚女性も着られるお祝い用の第一礼装です。

振袖(ふりそで)

振袖の画像

袖丈の長い着物、振袖は一般的に未婚女性の第一礼装とされます。
袖丈が長いほど格が高くなり、改まった感じになります。

・大振袖
袖の長さは125センチで花嫁衣装に。
114センチは単に振袖とよばれ、花嫁のお色直しから成人式や謝恩会にも。

・中振袖
袖の長さは87~106センチが目安。
成人式、謝恩会、披露宴、初釜などのほか、各種パーティにも最適。

・小振袖
袖の長さは76から86センチが目安。
ちょっとしたパーティのほか、十三参りの少女用にも用いられる。


・訪問着(ほうもんぎ)

訪問着の画像

色留袖の次に格の高いフォーマル用で、お洒落着の要素を併せもった準礼装の着物です。
縮緬(ちりめん)や綸子(りんず)、絽、紗、紬などの生地に、絵羽模様が描かれています。

付下げ(つけさげ)

付下げの画像

付下げは訪問着より気軽で、小紋よりは格の高い染めの着物です。
訪問着より簡略化されているところは模様づけです。
基本的に前後の身頃、身頃から袖などの縫い目で模様がつながっていません。
華美な訪問着が禁止された戦時下に考案された模様づけの方法です。

色無地(いろむじ)

色無地の画像

一色染めの色無地は、目的に合わせて着分けることができる利用範囲の広いきものです。
紋をつけると、慶弔両用の準礼装になります。


江戸小紋(えどこもん)

江戸小紋の画像

江戸小紋は色無地と同じように一色染めのきものですが、糊で防染した模様が白く染め抜かれています。
その模様の種類は数千ともいわれますが、かつて武士の裃に用いられていた細かな柄は、遠目から見ると色無地のように見えます。

小紋(こもん)

小紋の画像

小紋は繰り返し模様の型染めの着物です。
まれに手描きもありますが、基本は型を使って染めたものが中心です。
洋服でいえば、プリント柄のワンピースのようなもので、フォーマルすぎずくだけすぎず、ちょっとお洒落をしたいときにとても便利な着物です。

織りのきもの

白生地から色柄を染めたものを「染めのきもの」、糸を染めてから模様を織り出したものを「織りのきもの」といいます。
織りのきものの代表は紬で、ほかに御召、麻、木綿、銘仙、紙布などがあります。

浴衣(ゆかた)

浴衣の画像

浴衣は貴人が入浴のときに用いた麻の湯帷子がルーツとされ、江戸時代になると木綿の浴衣が湯上りのきものとして大流行し、やがて夏のくつろぎ着になりました。


喪服(もふく)

喪服の画像

喪の装いは、黒一色の黒喪服と渋い色の色喪服の2種類に分けられます。
これらは、着物と帯の色によって格が決まります。

第一礼装は黒喪服に黒共帯で、葬儀や告別式の喪主、家族、参列者などが着用します。
略礼装は喪にふさわしい江戸小紋や色無地のことで、これを色喪服といい、主に通夜や法事、偲ぶ会に向きます。

喪服の格は着物の色だけでなく、帯の色との組み合わせで決まります。
黒喪服と黒共帯、黒喪服と色共帯、色喪服と黒共帯、色喪服と色共帯の順に略式になります。

羽織・コート

着物に羽織を着ている画像

着物用の防寒着としては、羽織とコートがあります。
コートは訪問宅の玄関で脱ぎますが、羽織は脱ぐ必要がありません。


Leave a Reply