自分で洗車するために必要な道具の一覧と洗車用具のおすすめ

洗車している画像

自分で洗車するために必要な道具の一覧と洗車用具のおすすめ


プロ使う洗車用具は経験の中から生み出されてきたものですが、私たちはそこまで専門的な道具は必要ありません。
プロがおすすめする用具は、家庭内で日常使用している道具がほとんどです。
うまくして使えば十分な効果が得られます。

洗車用具のウエス類

ウエスは水をふき取るためのウエスと、ワックスやコーティングなどを磨くためのウエスの2種類があります。
使い古しのタオルやTシャツなどは、塗装面をキズつけてしまうこともあるので、やはり、セーム革やネルウエス、不織布などがおすすめです。

洗車用ウエスの画像
洗車用クロスは吸水性のよいものを選びましょう。
人工セーム革はソフトで使いやすい。
不織布は水の吸収が速く仕上げ用として用意したい。

磨き用ウエスの画像
磨き用クロスはソフトなものを選びましょう。
ネルウエスは手芸店で多めに買っておきます。
ミクロセームは超極細繊維のクロス。
洗って使え耐久性もいい。


洗車用具のスポンジ類
スポンジはウエスと同じように洗車用と磨き用で使い分けるようにしましょう。
スポンジはすべて使いやすい大きさに切って、使う場所によって換えながら作業しましょう。

洗車用スポンジの画像
洗車用のスポンジは、水分を十分含むものがよい。
スポンジの気泡が大きいほうが、あわ立ちもよく使いやすい

磨き用スポンジの画像
磨き用スポンジは商品の中に入っているものを使用してもいいですがウレタンポンジはさらに柔らかいので塗装面にやさしい。

洗車用具のはけ・ブラジ類
はけやブラシ類は、いろいろな作業で使用する場合が多くなっています。
DIYショップで売られているものでいいですが少し種類を揃えておくといいでしょう。
あまり硬い毛のものや金属製は必要ありません。


家庭用ブラシの画像
家庭内で使っているブラシを洗車のときにも使いましょう。
クルマ専用でなくてもいつも使っているものを利用できます。

ペンキ用のブラシの画像
ペンキ用の柔らかい毛のはけは、ブラシやスポンジで洗いにくい部分には便利です。

シミ抜き用のブラシの画像
シミ抜き用のブラシは、室内のクリーニングにぜひ揃えておきたいブラシです。
古くなった歯ブラシでも代用できます。

先の細いブラシの画像
先の細いブラシはホイルの穴など狭い隙間を洗うときに便利です。


その他の洗車用具
洗車の磨きの用具は特別なものと考えず、身の回りにあるものをどんどん応用して使いましょう。
工夫をして使っていけば、自分自身のオリジナルの洗車用具が生まれてきます。

・プラスチックパテ
プラスチックパテは、建築用や自動車用などにより硬めと柔らかめがあるので、できれば違った形状のものを揃えたい。

・耳かき
耳かきは、ボアが後ろについているものを選びましょう。
爪楊枝や竹串も意外に活躍することが多く消耗品なのでまとめて買っておくといいでしょう。

・霧吹き
霧吹きは洗車から磨きまでの作業で、なくてはならない洗車用具の1つです。
最低1本は用意しましょう。
選ぶときは霧の粒子ができるだけ細かく、逆さまにしても使えるものがいいでしょう。

・スポンジブラシ
スポンジがついているブラシは、ワックスを塗るときやキズつきやすい細かい部分には重宝します。


Categories: 興味深い話

Leave a Reply