動物病院の看護師、動物看護師の仕事内容とは

動物病院を表現した画像

動物病院の看護師、動物看護師の仕事内容とは


動物病院の看護師、動物看護師の仕事内容は、人間の病院で働くスタッフのように、専門的な内容だけに限られるわけではありません。
非常に多様な仕事を、毎日こなしていかなくてはいけないのです。

それぞれの部門によって、動物看護師が中心になって行う部門、獣医のサポートを行う部門とかがあります。

診察部門

外来診察の補助
・獣医の診察がスムーズに行えるように、患者である動物を押さえたり、向きを変えたりします。
飼い主へ病状や検査、治療内容について説明します。

・診察に必要な器具を揃え、獣医の指示に応じて手渡します。
診察後、使用した器具の破棄、または消毒、整理、管理を行います。

・通院しながら治療を継続する患者に対して症状の変化や治療による反応をみて、モニターやケアを行います。

入院患者のモニターとケア
・入院中の患者に対して、外来と同じようにモニターやケアを行い、経過を獣医に報告して判断を仰ぎます。

・退院時に飼い主に注意点を伝え、ケアのアドバイスをします。

・手術室での補助
・日頃から、手術室を衛生的に保ち、点滴やバイタルモニターなどの医療機器の調子をチェックし、整えておきます。

・手術前には、必要な器具を揃え、滅菌を行います。

・手術中には、呼吸や麻酔などのバイタルモニターの監視や手術の助手をします。

・手術後は、患者のモニターやケアを行い、飼い主に自宅でのケアについての注意事項などを伝えます。


薬剤部門

薬の管理
・獣医と相談しながら薬品のリストを作ります。
薬品リストに従って、不足のある薬品を製薬会社に注文します。
薬品が入荷されたら、「注文通りか」「製造年月日はいつか」「使用期限はまだか」などをチェックして決められた場所に保管します。

・薬品の効能書きは、随時改訂にがないかチェックし、改訂があれば、その部分に印をつけるなどして、わかるようにしておき、獣医に報告します。

・内服薬・外用薬を渡す
・獣医が処方、調合、分包を行ったものを確認し、飼い主に渡します。
渡す時には、薬について抗生剤、炎症剤、テンカン剤など、薬の名称やその作用、効能を説明します。

・薬を食事に混ぜて飲ませるなど、気をつける事柄や飲ませ方のコツをアドバイスします。
また予測できる副作用と、その症状の現れ方を説明します。
副作用があった時はどうしたらよいかを伝えます。

・内服薬・外用薬の投与の問題点発見と結果報告
・再診での来院時には、飼い主から「うまく投薬できたか」「投薬時に変わったことはなかったか」「症状はどのように変化しているか」を聞きます。
得た情報をカルテに記入し、獣医に伝えます。


栄養管理部門

・処方食
食事の選択、獣医の診断や処方、患者の嗜好などをもとに処方食を選択し、1日の食事量と1回の食事量を計算します。

・食事の形状を選択
経口摂取機能の障害の有無を確認し、それにあわせてスープ状、粥状、ペースト状、固形で柔らかめ、完全な固形など食事の形状を飼い主に説明します。

・個々の症状にあわせた工夫
食欲のない患者などへの食事の与え方の工夫、水分を摂らせるための工夫などを行います。
飼い主にも説明し、獣医にはその結果を報告します。

動物看護師のその他の仕事内容

・診療の記録を記入したカルテを、区分ごとにファイルしてまとめ、管理します。

・薬品や備品の仕入れ、会計業務、証明書などの書類作成を行います。

・院内外の清掃、園芸、洗濯、保管などを行います。

・患者から獣医が直接とる組織、血液などの検体以外の尿、便などを動物看護師が採取します。

・円滑な治療を行うため、新しく入ったスタッフに各々の病院での仕事内容や方法を伝達し指導します。

・捨てられた犬猫、迷い犬猫、傷ついた野生生物、飼育者不明の動物の保護や飼育、里親探しを行います。


Leave a Reply